【シングル】ゲロッパー【SMシーズン2】【第9回関西シングルFESTA】

f:id:pick_me_club:20170321130415p:image

 

 

アローラ!かにです。

 

今回は第9回関西シングルFESTA及びシーズン2で使用していた構築の紹介です。

 

今回の構築の出発点は、あめふらしペリッパーとすいすいガマゲロゲの雨パを使ってみたかったというところから始まります。そこに相性の良さそうなメガメタグロスカプ・ブルルを第2のエースとして据え、メタグロスの相方としてサザンドラカプ・ブルルの相方としてヒードランを入れました。メジャーな組み合わせの2:2:2の6匹のパーティとなりました。これで雨選出をしない場合の選出も楽になります。

 

 

それでは個体解説。簡潔に書きます。

 

ペリッパー@きあいのたすき

ひかえめCS252B4

ハイドロポンプ ぼうふう れいとうビーム とんぼがえり

 

雨を降らせることが目的。とはいえガマゲロゲを選出しないときも地面の一貫性を切るためにピン選出することはあります。

 

ガマゲロゲ@こだわりメガネ

ひかえめCS252H4

ハイドロポンプ なみのり だいちのちから ヘドロウェーブ

 

雨選出以外は選出しません。ドロポン6割なみのり4割で技選択します。他の技はほとんど使いません。

 

メガメタグロス@メタグロスナイト

ようきHS252A4

アイアンヘッド しねんのずつき れいとうパンチ ステルスロック

 

メガ枠。ステロ要員。S種族値110で、実はこの構築で一番S種族値が高いポケモン。上から最後に掃除したり、初手にステロ撒いてサイクル戦を有利にする。

 

サザンドラ@こだわりスカーフ

おくびょうCS252D4

りゅうせいぐん あくのはどう だいもんじ とんぼがえり

 

最速スカーフサザンドラ。準速スカーフガブを許さないポケモン。雨選出しないときの最速ポケモンがS110は流石に遅いと思ったのでスカーフを持たせました。とんぼがえりでサイクルを回します。

 

カプ・ブルル@くさZ

いじっぱりHA252B4

ウッドハンマー やどりぎのたね みがわり かなしばり

 

ガマゲロゲメタグロス両方に強いポケモンに強いポケモン。等倍ならZウッドハンマーでだいたい死ぬ。後出しされる不利な相手にもやどみがで削り、非常に偉い。関西シングルFESTAではかなしばりの枠はしぜんのいかりでしたが、まったく使わなかったのでかなしばりに変えました。

 

ヒードラン@たべのこし

おくびょうHSベース

オーバーヒート どくどく ステルスロック ほえる

 

いわゆるハイブリッドドラン。ステロ撒きとどく撒きを両立させたい、積みの起点回避、などの理由からこのような技構成にしました。不利対面でもほえるを選択する勇気が必要です。

 

 

選出や立ち回りについて

 

 相手のパーティに水半減が一体以下のとき

ペリッパー+ガマゲロゲ+何か

 

何かの枠はメタグロスカプ・ブルルです。ステロややどりぎやくさZで相手を削り、ガマゲロゲで全抜きするよう立ち回ります。

 

相手のパーティにリザードンがいるとき

ペリッパー+ガマゲロゲ+サザンドラ

 

サザンドラのとんぼがえりでXかYを見極めましょう。

 

雨選出が厳しそうなとき 

メタグロス+サザンドラ+何か

 

 雨対策のポケモンは必ず1匹選出されるので、基本的にカプ・ブルルを出します。

 

対受け回しのパーティ

 ヒードラン+カプ・ブルル+何か

 

どく、やどりぎ、ステロを撒き散らし、うまく誤魔化しましよう。

 

 

終わりに

 

シーズン2ではあまり潜れず、この構築では30戦ほどしか対戦できなかったのですが、少し欠陥があったので、シーズン3では改良して頑張りたいと思います。